top.jpg






【地下室の手記】












1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2016/01/04(月) 23:06:44.39 ID:mCUa2NaA.net
たったら書く






4: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/04(月) 23:08:29.60 ID:mCUa2NaA.net
たっちまった
手記は頭おかしい文章とか臭すぎるものとかあるけど、誤字脱字なんかも含めてそのままさらす







3: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2016/01/04(月) 23:08:25.86 ID:I3iu7c5B.net
新年早々やめろ






5: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/04(月) 23:14:24.65 ID:mCUa2NaA.net
>>3
そこまで欝々としたもんじゃない
めでたいものでもないからあれだけどな


×月17日
本日より○○病院精神科に入院する。
ケイツイ折損による準備は活かされることなはなく、控室でのケイ動脈圧迫による試みは失敗に終わり、今は手段も思考や意思も得られていない。
又、友人などへの暴露を恐れての携帯破壊により、外部やネットとの関りはない。
父母の接触には鳥ハダの立つ思いだった。
職場には申し訳がない。
明日はK先生(職場にいたカウンセラー)に電話を入れるのも良いかもしれない。
いずれにせよ、ある意味に於いて人生が終わったようなものなので、しばらくは人生を振り返ることとなるだろうと思う。
時間が許せば今までの人生についてまとめようと思う。







7: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/04(月) 23:23:46.54 ID:mCUa2NaA.net
18日
女子学生(研修看護師)にレクリエーションに来てほしいと言われたことで、学生の存在を知った。
出席して力になりたいという気がするが本末転倒な意識である。
他人の好意、厚意にキ避感(忌避感)を強く持っている。

思うに私は死との距離をあまり感じてはいなかった。戦記のせいか、家の雰囲気によるものなのか、剣道によるものなのか分からぬ所だが、生死に一貫した連なりを感じている。
武士道とまで誇張的には言えないが、死ぬことと見つけたり、という言には少し感じ入るものがある。

初めてレクリエーションに参加して来た。学生4人によるものであったが、特に女学生がいて華やいだ雰囲気となった。
しかしながら、レクリエーションを行う意味を考え、恐らくは患者に深く悩ませすぎないようにするものだろうと思い至った。この答えの正否に関らず、私自身が未遂者として入院していることを深く自覚することとなり、少々(斜線で消してあった)複雑な思いを持つ。
16時より母の面会があるが非常に気が重い。会うこと自体が大きなストレッサーとなっていることを早々に医師に伝える必要を感じる。


書いた時間が離れているものは行間をあけます。







36: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2016/01/05(火) 09:18:12.51 ID:jG8fwv/O.net
>>7
君の行なったことが
・・・・武士道ね?
生きる苦しみから逃げて、他人に迷惑をかける・・・武士道精神とはかけ離れた行動なので勘違いしないでくださいね






37: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/05(火) 18:03:05.39 ID:xI4iClfJ.net
>>36
まあだから誇張できるようなもんじゃないと言っているんですけどね
多大な迷惑をかけなきゃ生きていけないようだったら死んだほうがマシだと思います
生きてて何か生産性のある人間ならばそりゃ生きるべきでしょうけど、生きてやりたいと思うこともないような人間がただただ飯を食うだけならそれは死んだほうがいい







38: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2016/01/05(火) 18:18:15.49 ID:jG8fwv/O.net
>>37
きにいったわ、
あんた面白い






6: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2016/01/04(月) 23:18:05.06 ID:yJmIjcLw.net
明治文学みたいだな






8: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/04(月) 23:30:08.25 ID:mCUa2NaA.net
>>6
明治~戦中の日本文学はよく読んでたから、文章に影響が出てるかもしれない。
後は現代語の口語っぽい言い方よりも文字数が少なくて済む場合が多いからあえてそうしている部分もある。


18日続き
母との面会を終えた。自分も等しくストレス源であることを理解していない。身の毛がよだち、触られた部分を丸ごと火にくべたい気分だ。
猛烈に死にたい。汚い。生理的嫌悪感を抱く。家庭は私にとって等しく(複数の家庭にて育ったので)苦痛の根源でしかない。お互いをけなしつづける汚い生き物の一員であることに私そのものも変わりはない。
(この一節については殴り書きだった)

今から振り返る形での回想をつけ始めた。暇を見て進めようと思う。明日はMRI検査がひかえている。
(回想はこの手記の後ろのページから書いていたので、手記が書き終わったら回想を書く予定です。)






9: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/04(月) 23:35:12.09 ID:mCUa2NaA.net
19日
明け方に目が覚め、まだ少し眠い。

レクリエーションにて工作を行った。女学生と相席し、少し歓談した。多少は気が落ち付いている。
しかしながら、若さ故か相手の動揺も見えた。悪いことではなく、素直な感情を見せてもらうのは個人的には好ましいことだった。
同時に、自分がいかに若くして人生を踏み外したかということも悟った。鼻から健全な若者らしい情熱などは持ち合わせていなかったのだから、仕方のないことだと思う、それを悟る休養と孤独を得たときにはもう遅かった。

不幸は良いことではないが、否が応にも充実を与える。しかし、人生における充実とは料理でいう所の素材であり、それらは無駄という名の調味料なしには食えたものではない程不味い。









11: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/04(月) 23:55:10.81 ID:mCUa2NaA.net
20日
朝から同期に売られていた事とWさん(高校時代憧れていた先輩)のことが頭から離れない。Wさんは今どうしているのだろうか。

私はWさんに母性に親い(近い)何かを感じていたのかもしれない。素朴な安らぎやWさんの時折見せる物憂げなしぐさに親しみと安心をしていたように思う。
たかだか一つ下の男にそう思われるのは迷惑もよい所だと思う。いずれにせよ、連絡を絶ったWさんに妹さんを通じて連絡する勇気を持てず、挙句に一生を日陰者として過ごすべき人間には過ぎた人であった。
自己満足の為理解されずに死ぬ道を選んだのも私だし、私の苦しみは全て私の選択に起因するのだから、責任は私にしかなく、耐える他ない。

私は家からもたらされる一切に生きギモを食うが如き苦しみを味わっていたが、その一部にでも喜びを感じていたらいよいよ言葉の通じない程の狂人となっていたと思う。
(1は苦しいことを何かとこじつけて幸せだと言い張る人達のことを指しています)

ここを退院したら一体私はどうするべきなのか。
友人には素直に話し、距離を置くべきだと思う。20才にして生を絶とうとし、職を失した落ちこぼれが生きていく術はないように思われる。
まともではない道を進むことも、商い事をして利益を得ることも私程度の人間が当然の権利として振る舞うのは卑しく思う。やはり、仕事に応じた給金を頂き、人の為につつましく生きられるものでないとダメに思う。
人の喜びが分からない人間は、人の苦しみを和らげる以外に手段を持たない。ただし、死にも価値を見出している以上、医の道は進んではいけない。
惰弱を極めた安い戦士のような性格は兵士のようにもなれず、人としてもまともにはなれなかった。
とに角、家からは離れなくてはならない。家ほど身の穢れを意識する場はなく、いるだけで押しつぶされるようで気が狂う。

中学の回想が一重に辛い。遅効性の毒のように今も私の心を侵しているように感じる。
終わったのだと思うほどに次は誰の番かと思わずにはいられず、心が落ち着かない。

南直哉の老師匠と少年を読了した。苦しみに理由を求め、その為に苦しんでいたように思う。だから苦しむ理由がなくなった時に理由のない苦しみに耐えられなかった。
生きるために苦しみ、苦しむために苦しむとは正に生きることが苦しみに他ならず、人が理由を求める弱さの根源だと思った。
何に苦しむかよりも何の為に苦しむかで悩んでいるのかもしれない。私は信じることが嫌いである。
他人から得た答えを理解せずに信じれば、自分にとって正しかった答えも嘘になる。
人の為にオウ悩するのもその意味に於いて偽りの安らぎを与えるにすぎず、正しくはないのだろう。
(ここら辺は文章がぐちゃぐちゃすぎて、今の私も読解に苦労しています)







10: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2016/01/04(月) 23:44:37.76 ID:MOG9AsPi.net
未遂すると記憶力低下とか物事がうまく考えられなくなるとかある?






12: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/05(火) 00:07:52.71 ID:uSH6A2oO.net
>>10
むしろ未遂する3年前ぐらいから顕著だった。
過去が丸々トラウマみたいなものだったし、考えるのは苦しいことだから直感的に判断することが多くなった。
今も思考力と記憶力は常人未満に低下してると思う。
文章とかは完全に身についたものポンポン出してるだけだから、こんなに読みづらい。



21日
壊れていった人のことばかり思い出す。親しい人はみんなどこか欠けていた。

看護婦と話した。○○○(私と読みが同じ)という名の19才になる息子がいるらしい。同じAC(アダルトチルドレン)だったと告白された。
友人はいないのかと聞かれた。いると答えるも相談はしないと伝えた。私にとって徳とはきっと人に見せることなく努力し、
苦しみ悩むことである。尊い行いが人に見られることで評価という陳腐なものに置き換わることが耐えられない。
良い友にはきっとなれていない。皆私に黙して倒れるのは、
私が黙していてまるで人の悩みを解さずに、人の悩みをおおまかに当て、軽く心安い言葉を与えるからに、
恐らく違いなかったと思う。違うのだと言えなかった。貴方の苦しみは私が苦しんだ道の隣にあったのだから、言ってほしいことが少しだけ解っただけだったのだ。
他人の苦しみだけを勝手に推し測(量)って、自らの苦しみを隠してしたり顔をしている卑怯者である。

キリストは「7度の70倍許せ」と説いたと聞く。「500回も繰り返しておけば勝手に何か悟るだろう」という根(魂)胆が良く見えて、親しみがわく。

回想が遅々として進まない。







13: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2016/01/05(火) 00:08:10.55 ID:NBp5ZCw3.net
武士道とは死ぬ事と見つけたりってそういう意味じゃないんじゃ…


>>13
俺自身の解釈では、生と死は一貫したものであって死にざまにはその人の人生が凝縮されるということだから、死に際が大事よって意味だと勝手に思ってる。






15: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/05(火) 00:11:27.05 ID:uSH6A2oO.net
22日
未だ日は落ちず。たいくつである。
Wさんに連絡して何を話すのか全く意識にない。
憧憬か恋慕か懐古かも分からぬ内に何を話すのか。あるいはザンゲしたいだけかもしれない。

主治医のY先生より、明日は色々聞くと言われた。恐ろしげな口調ではあったものの、人に知られるのが恐ろしい話は今の所思い当たらない。







14: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2016/01/05(火) 00:10:42.38 ID:F+xm3iiY.net
今はどうしてんの?






16: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/05(火) 00:15:39.40 ID:uSH6A2oO.net
>>14
無職で貯金を食い詰めながら過ごしてるよ。


23日
主治医との面談があった。やはり精神疾患ではないとのことだ。即ち、これは人格の問題であって以後も苦しむ。
最後に「君は自分をどのような存在だと思うか」と問われ、答えられなかったが、今思うに「何事かを成す為の道具、もしくは器」だと答えるのが適当だった。

主治医に外出の話をされた。







17: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/05(火) 00:22:48.93 ID:uSH6A2oO.net
24日
村上春樹は読み難い。肌に合わない。
私の道徳は時代錯誤も甚だしいが、いかんともし難い。修身の為にやはり何かしらの武道に身を投じるべきである。

初日から思っていたが、(入院している)613号室の花はツツジ、花言葉は愛の喜びだそうである。
皮肉が効いている。

今更気づいたが、外は初夏の様相を呈している。アジサイを見ずに梅雨が終わったとなると少し残念だ。

またWさんのことを考えた。何故話したいのか。ザンゲの為と思ったが、きっと後付けの理由と思う。高尚に仕立て上げようとする卑怯者。

Hさん(行きつけの店の人)にはいかにして話そうか。仕事を失した所までで良いとは思うが、それではボロが出るだろうし、理由を言わずに去れば誠実さに欠くる。本来、誠実不誠実というような間柄ではないからそれでも良いのかも知れない。







18: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/05(火) 00:27:59.84 ID:uSH6A2oO.net
25日
記入無し

26日
昨日は一行も書かなかった。
今日は血圧も測ったが、血圧・脈はある程度正常に戻ったようだ。

明日午前に部長と係長が来られる。わびと退職意思を伝えようと思う。
心情については語れど、キッカケについて語る気はない。
どちらにせよ、入院で一時回復しても実家か職場に戻ればすぐに悪くなるのは目に見えている。実家からは早急に離れて、人との関係が薄い所で穏やかに過ごしたい。
恐らくそれ以外にまともな意思を持って人として生きていくことはできない。
いつも家のことが頭をよぎって気が狂いそうになる。






19: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/05(火) 00:31:24.61 ID:uSH6A2oO.net
27日
部長と係長が来る。向こうは何を話すつもりだろうかと考えるが、まだわからず。
今朝、久しぶりに○○市(昔住んでいたところ)のTの夢を見た。
それから今後のことも考えたが、私自身、世間と大きなずれがあるので理解はされないと思う。

当たり障りのない話をして帰られた。お菓子と還付金を頂いた。







20: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/05(火) 00:41:40.18 ID:uSH6A2oO.net
28日
非常にネガティブ。YとMさん(二人とも職場の人間。同期と上司)に対して怒りが耐(絶)えない。
自分の言いなりにならないと納得せず、理解できないことは嘘と決めつけ、流言し、気に入らないという感情前提で批判対象を探す。
嫌いな人種。馬鹿すぎて迷惑。
他人が自分と同じでないと気に入らない連中は大嫌いである。
(殴り書きだった)

昨日母が持ってきた私服は小さくて着られないものだった。どうするか。

色々と考えるのが辛い。ここは何の努力をしなくても生きて行けてしまう。早く出なければならないと思う。
やはり外に出たら、仕事は仕事で割り切るべきだと思う。○○(勤めていた職場)のような善し悪しの無邪気な人間が集まる所は居るのが辛い。過去の陰ウツな記憶が常に思い起こされるようで、ダメになりそうだ。
できるだけ人と関わらず、孤独に作業をするような仕事のほうがいいかもしれない。
CAD、CG、プログラミング、職人あたりか。
過去のセン索をされないところで仕事をしたい。
家族の美談を求められて、話さなければならない所は御免こうむりたい。

私の親、とりわけ父に持っている感情は憎悪であると思う。義務も約束も反故にし続けてきた人物である。
義母には哀れみと憤りを感じ、どの人物にも(実母にも)あてはまるのは憎悪感である。
きっとこれらの人物から離れないとダメになる。むしろ、もう手遅れのようにも思う。
二度と思い出さずにすごせたらどれだけ幸せだろうか。豊かでなくていいから、穏やかに暮らしたい。







22: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/05(火) 00:48:27.47 ID:uSH6A2oO.net
29日
明日は棟外療法をし、係長とT先生(カウンセラー)に電話を入れる。係長へのTEL内容は
1.退院時期
2.円滑な退職手続きの依頼
3.退職手続き中の扱いとその期間

就寝前。気が落ち着かない。何をしていても常に親から攻撃、若しくは裏切られると警戒をしている。今まで攻撃をされずにいたことがあっただろうか。あったとしても私は安心することはなかった。
一切を捨てれば安心できるのか。
昨日の夢見も最悪だった。精神疾患でないと診断されたということは、正常な精神の働きの元、攻撃を警戒し続けているとなる。余計気が狂ってる。まともに生きられそうにない。
独りで他人と距離を取って生きる他ないと思う。それができないのなら死ぬ他にない。まともに生きられない。
これから死ぬまでの間、一生を攻撃され、害される恐怖に支配されて過ごすのが憂鬱である。記憶がなくなれば、自分自身が存在しなければと思う。







21: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2016/01/05(火) 00:48:20.72 ID:Gvf5hXGM.net
見てます






23: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/05(火) 00:52:51.10 ID:uSH6A2oO.net
>>21
そうか。誰もいないと思ってたよ。ありがとう。


29~2日
(記述無し)

3日
1日には外出とNさん(仲の良かった上司)の通院がかぶったので、昼を○○でご馳走になり、ゲーセンで少し遊んだ。
「下が育たない」とボヤいていた。
本日はSST(社会的なんたらトレーニングの略。日常での思考訓練のようなもの)を行った。
職場に電話したが、折り返すと言われるも連絡はない。







24: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/05(火) 00:55:04.52 ID:uSH6A2oO.net
4日
外出で実家付近(医師に指定された)まで出た。やはり、親を想起させる事物や土地は無意識のうちにストレスを感じる。自分自身の道徳観念がおかしいのか、状況がおかしいのか分からない。







25: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/05(火) 00:58:25.47 ID:uSH6A2oO.net
5~7日
(記述無し)


8日
久しぶりにメモをする。昨日携帯を使えるようになった。
叔母から23日に祖父への見舞いの催促があったのに気付いたが、どのようにすべきか迷う。
首吊り、退職のことを隠して見舞うか、仕事と嘘をついて何もせぬか、退職を口止めして見舞うか。
いずれにしろ、今は大丈夫な振りをするのが吉と思う。
しかし
事が落ち着いたのちに今までのあらましを話して、監視の目を移した後に離れるべきと思う。
事実と過去を拒否されたときは、それこそ遠くへ行こうと思う。







26: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/05(火) 00:59:57.64 ID:uSH6A2oO.net
9日
カウンセリングを受けたが、ミはなかった。
レクリエーションで卓球をした。久しぶりに楽しいと思えた。今後、何を職にして生くるべきか、悩む。






27: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/05(火) 01:02:00.54 ID:uSH6A2oO.net
書いていて少し疲れたので、休憩します。






29: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/05(火) 01:51:09.97 ID:uSH6A2oO.net
再開


10日
学生5人と話した。印象を聞かれたが、誤魔化してしまった。本当は自分が進んでいたかもしれない道にシットしていたのかもしれない。
少なくとも誠実と言える態度ではなかった。以後気をつけたい。

使い方さえ適切ならばよく切れるが、誤ればなまくらになって折れる日本刀。扱いにくいし好まれない。

バク然と「もっと苦しまなければ」と思う。孤独と向き合う時間が足りていない。誰かの助けや情けに期待して人を求めるべきではない。まだ孤独でないと可能性に甘えが出る未熟者である。

学生看護師には頭が上がらぬ思いである。本人たちは未熟と言い、元気にしているが、そのじつ機微を良くとらえ、深い思慮を感じた。
私に足りないのは内外を分ける壁であるのか、それともストレスの発散なのであろうか。今までを振り返ると少々無茶をし過ぎたように感じる。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/lutadorfight/spd-8802.html?sc_e=afvc_shp_2439871






28: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2016/01/05(火) 01:48:40.98 ID:7IomDaTk.net
読んでるので明日でもいいので続けて






31: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/05(火) 01:59:03.38 ID:uSH6A2oO.net
>>28
ありがとう。
今日のところは退院までの日記をさらして、そのあとはスレが残ってたらさらしている文中にもある回想とあとは入院中に読んだ本のリストがあるからそれをさらすつもり。


13日
週末は外泊で家に泊まった。妹にあったが、事情は知らないようだった。
本日はS学生とY学生に話を伺う機会があったが、やはりS学生は苦労人だった。苦労で荒れずに素直にいることは素晴らしい素質と努力だと思う。

SSTを終えた。A、Bが対立している話をCがそれぞれの口からきくジレンマについてだったが、途中からAとBの和解が議題になっていた。論点のズレも大きい所だが、他人を変える難しさを知っていて言っているのだろうか。

次職のことを考える。自らの意志で決定する最初の一歩として固い志を持たないと二の舞となる。
やはり現職以上の適職は思い当たらない。
だがしかし、今の私は生きる以上に何かをするキョウジ(矜持)や目標を持たない。
思考力も生き方も茫然としていて、とても無理を押し通せる様相にない。「何らか」をしたい、しなければならないという考えはあれど、できない。
雌伏しようにも状況はそれを許さない。







30: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2016/01/05(火) 01:53:16.72 ID:OehBpHJl.net
http://jbbs.shitaraba.net/internet/13717/






32: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/05(火) 02:03:00.46 ID:uSH6A2oO.net
>>30
今は死にたいとも思わん腑抜けだから顔出したいとは思わないかな。ありがとな。
まあ問題は生きたいとも思わんところなんだがな。

退院まで書くといったけど、思いのほか長くなりそうだから今日はこれで終わりにしようと思う。
時期が時期だからスレ流れるのも速いだろうけど、また明日の晩に残っていたら続きを書こうと思う。
それではおやすみなさい。







34: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2016/01/05(火) 08:00:22.61 ID:9RpeZJZQ.net







39: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2016/01/05(火) 18:30:55.47 ID:W4SC2kOR.net
読んでる






33: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2016/01/05(火) 02:06:47.21 ID:7IomDaTk.net
おやすみ






43: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/06(水) 00:32:15.71 ID:UA6UnmLx.net
14日
お茶レクを終える。何故か高校の後輩が演武の前に泣いていたのを思い出す。
祖母の命日が近い。祖父ももう長くない。しかし、いま逃げ切るほうがいいと思う。進退窮まる。

当手帳を見直す。やはり落ち着いてきているが根本は変わらず。昨日、今日の脈の上昇は土日の外泊が関係するところも多かれ少なかれあるように思う。
気分を変えて好みの女性について考える。自身の欲しているものが分かるかもしれない。
素直、誠実をよしとする性格。誰にでもまっすぐに叱れること。次に気を遣わないこと。悪い感情を押し隠していては本当のことは分からない。
これは私のオクビョウに原因がある。何も言わないことの大切さもわかっていてほしいと思う。言葉は嘘をつけるが、行動では本音を隠すことは難しい。
最後に他人と自分を区別できること。自他の違いに苛立って、他人を攻撃しないこと。
即ち、誠実・素直・母性・理解ある他人。
書き出してみれば非常に都合がいい。私自身がつり合うはずもない。
私自身が求めているのは、結局のところ、他人からの理解と受容されること、しかしながら誇りを投げ棄てない事か。
私が道を違えばそれを正し、そばにいてくれる人。全く以て都合がいい。
結局のところ、私は体裁を失い、間違いを犯すのを恐れているに過ぎない。
オオギョウな言葉を使って飾り立てても、仮面をはげば卑しいのみである。他人の気持ちを理解できない、体裁だけを何とか取り繕った卑しい畜生。
私は本当は何を望んでいたのだろうか。






44: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/06(水) 00:47:53.07 ID:UA6UnmLx.net
15日
今朝は脈が速く、気分の悪い目覚めだった。
苦しみは矛盾の中にある。自然な形であれば苦しいことはない。納得ができないことが苦しみの根底にあると思う。

本日は学生が座学の為不在である。明日、感謝を告げられればいいが。

S学生の母親はシングルマザーで、本人は中高と金銭的にも心理的にも我慢をしていたらしい。おそらく生活的にも。
しかしながら、看護学生となった一年目に「親らしいことをしてあげられなくてごめん」と言われたことが一番うれしいエピソードだったらしい。
親が自らの力不足を認められる人間だったからあの人は素直にいられるのだと思う。親が違うから私が違うというつもりはないが・・・
家庭の事情というものに過剰反応してしまう状況に何も変化を与えられなかった。
恐らく、私をそのまま受け入れてくれる人があらわれるまでは無理なのかもしれない。他人も自身も受け入れいれられないあわれな家庭の人間はむなしい。誰も受け入れてくれないから、自分に罰を与え続ける。受容なくして赦し無し。いちど犯した罪は二度と赦せない。
なくなることはなくとも罪は赦されるものであるはずなのに罰が終わらないから許されない。
つまり、私には自分以外に私を叱り、赦してくれる人が必要なのかと思う。しかも深く憎んでいる家族以外の誰か。
人はその赦しを求めて宗教を信じるのだろうか。私は神のかわりに剣道という極めてあやふやな価値観を基準にして自らを裁き、認めていた。
しかし、自分自身を赦すということは基準では善しとされず、遊ぶことも楽しむことも幸せも拒むことで罰し続けていた。
私の親は他人を受け入れる勇気も自分を受け入れる柔軟性もない人間であった。私はそれを受け継いでしまった。
母に至っては「愛」を感じていた人でさえ、「受け入れている自分」が好きなだけであって、拒絶し、他の男に走った。
愛はいつかなくなるものかもしれないが、それを求めてもよいのかもしれないと思う。

つい一時間ほど前までは目の前が開けたような気分だったが、今はすでに欝々としている。読み返しても頭に入らない。
やはりまだ限界から脱せていないのだろうか。

未来や将来のことを考えると、いまだ自動的に嫌なことを思い出すようだ。絶対に許されず、生きていることも存在も許されない状況が心身に沁みついている。
やはり、難しい。疲れているのかもしれない。







45: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/06(水) 00:51:46.92 ID:UA6UnmLx.net
16日
退院が明日に迫る。学生に真面目に話せるだろうか。

Dさん(上司)が入院されていて、面会に来てくださった。右手首の手術らしい。

結局のところ何も言えずじまいであった。案外、これでもいいのかもしれない。



以上で手記は終わり。
回想は非常に長くなるので今日のところはここまでにしようと思う。
人がいるなら入院中に呼んでいた本のリストと気になった一節のメモがあったからそれを書こうかと思う。







46: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2016/01/07(木) 20:38:48.04 ID:mimo4nti.net
いるよ






47: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2016/01/07(木) 21:11:41.49 ID:iUaiJVzz.net
見てますよ








52: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2016/01/13(水) 02:26:17.82 ID:BWOvVvfw.net
みてます






51: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2016/01/13(水) 01:41:28.39 ID:huZtlgxn.net
続きも気になるな






55: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/15(金) 00:15:06.02 ID:GlMthyFi.net
再開

入院中に読んだ本のリストと気になった一節を今日は書く。






56: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/15(金) 00:29:39.05 ID:GlMthyFi.net
読んだ本のリスト

@栞子さんの本棚
@楽園
天使の卵
@走れメロス
@老子と少年
@ヴィヨンの妻・桜桃・他八篇
@思い出のマーニー
雨心中
異端の肖像
戦場のニーナ
海辺のカフカ(上下)
@荒神
虹の岬の喫茶店
ある日爆弾が落ちてきて
@終わりのクロニクル1(上下)
@〃2(上下)
@侵略する少女と嘘の庭
@水妖記
@堕落論
@大空のサムライ完結編
不祥事
@精霊の守り人
@闇の守り人
艦これーその知られざる悲劇ー


気に入った物には@をつけてる







57: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/15(金) 00:36:50.95 ID:GlMthyFi.net
次、気に入った文章。太宰の短編が多かったから太宰が多い。


『よそう。おのれをあざけるのはさもしいことである。それは、ひしがれた自尊心からくるようだ。現にぼくにしても
人から言われたくないゆえ、まずまっさきにおのれのからだへ釘をうつ。これこそ卑怯だ。もっと素直にならなければいけない。ああ、謙譲に。』
「晩年(太宰治)」


『彼がある感動によって涙をこぼすとき、彼は私のためでなしに、人の定めのために涙をこぼす。彼のような魂の孤独な人は人生を観念の上で見ており、自分の今いる現実すらも、観念的にしか把握できず、
私を愛しながらも私をでなく、何か最愛の女そういう観念を立てて、それから私を現実をとらえてみるようなものであった。』
「クラクラ日記(坂口三千代)」青鬼の褌を洗ふ女より抜粋







58: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/15(金) 00:43:57.05 ID:GlMthyFi.net
『私には、誇るべき何もない。学問もない。才能もない。肉体よごれて、心もまずしい。けれども、苦悩だけは、
その青年たちに、先生、と言われて、だまってそれを受けていいくらいの苦悩は、経て来た。たったそれだけ。藁一すじの自負である。』
「富嶽百景(太宰治)」


『に、憎まれて、憎まれて、強くなる。』
『純粋を追うて、窒息するよりは、私は濁っても大きくなりたいのである。』
「懶惰の歌留多(太宰治)」


『思い出の暗い花が、ぱらぱら踊って、整理は至難であった。』
「東京八景(太宰治)」







59: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/15(金) 00:46:21.94 ID:GlMthyFi.net
『生きていくことの苦しさと、生きていることの苦しみは違うのだ。』
「老師と少年(南直哉)」


『この戦争には、もちろんはじめからなんの希望も持てなかったが、しかし、日本は、やっちゃったのだ。』
「十五年間(太宰治)」






60: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/15(金) 00:54:01.62 ID:GlMthyFi.net
『女とともに幸福にいるためにはそれと気づかせずに女を幸福にしてやらねばならぬ。』
『あまり女のご機嫌を取り過ぎたり、十分に女を満足させてやったりすることは危険である。女を燃え上がらせるためには、無関心が必要だ。
女は激しい愛撫にすぐ慣れ、しまいには厭気がさす。女はつねに欲望を残してやると良い。』
「異端の肖像(サン・ジェストのノートより抜粋)」


『芥川龍之介が「河童」か何かの中に、隣の奥さんのカツレツが清潔に見える、と言っているのは、僕も甚だ同感なのである。』
「青春論(坂口安吾)」







61: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/15(金) 00:58:01.45 ID:GlMthyFi.net
『花のいのちはみじかくて 苦しきことのみ大かりき』
(林芙美子)


『ただ、われわれは、めいめいが、めいめいの人生を、せい一ぱいに生きること、それをもって自らだけの真実を悲しく誇り、いたわらねばならないだけだ。』
「恋愛論(坂口安吾)」







62: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/15(金) 00:59:32.82 ID:GlMthyFi.net
ノートに書いてあったのは以上

林芙美子の詩が一番印象深かったと思う。
回想についてはまた今度。おやすみなさい。







49: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2016/01/09(土) 23:53:00.04 ID:3JlL5u0x.net
基地外母親に剣道、そして武士道
以前そういう人がスレ立ててたよな・・・
立ててた人と>>1の年齢が近くて「もしかして」と思ってしまう






53: 無職 ◆fdN.nQILMs @\(^o^)/ :2016/01/13(水) 07:12:01.69 ID:OwLQQPHC.net
少し規制かかってた
お待たせして申し訳ない

>>49
多分その人と同一人物だと思う
あの時いろんな人から声かけてもらえたけど結局失敗してしまったよ







New!! 無題のドキュメントの公式Facebookページができました!
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news4viptasu/1451916404/